×

CATEGORY

HOME»  製糖工程について
製糖工程について

てまもんやえひめ黒糖は愛媛県四国中央市で愛媛黒糖の復活に携わり、さとうきびの栽培から製糖、加工、販売までを行っております。植え付けから黒糖ができるまですべて手作業で行っております。黒糖ができる量は収穫したさとうきびの10%と、とても貴重なものです。毎日の食事にひとかけらの黒糖をおすすめいたします。

収穫・圧搾

収穫・圧搾

圧搾機でさとうきびから蜜をしぼります。一釜にさとうきび160㎏でしぼり汁80㎏(2釜分)を取り出します。

アク取り

アク取り

しぼり汁を沸かし、アクを取ります。
食用石灰を投入し、分離させます。火力に細心の注意を払います。

沈殿

沈殿

40㎏ずつ樽に移し、約20~30分沈殿させます。

煮つめ

煮つめ

上澄み液を釜に入れて、約2~2.5時間煮つめます。
焦げ付かさないように攪拌を続け、泡が立ち続けるように、火加減を注意する必要があります。

完成・冷却・型入れ

完成・冷却・型入れ

完成近くは特に細心の注意を払い、焦がさないようにします。
完成したら、釜から取り出し、瓶へ移し、ときどき全体をかき混ぜて、結晶化を促します。

完成・冷却・型入れ

CONTENTS

CATEGORY